レゲエ

史上最高のレゲエの名曲トップ10

歴代のレゲエの名曲ランキングです。人気の名盤や有名曲など、洋楽レゲエのオールタイムベスト(世界史上最高)のトップ10。ジャマイカのエンタメサイト「ジャマイカンズ・ドットコム」が2011年に選出しました。曲名、アーティスト名、発売年、動画(Youtube)へのリンクなど。~MOVE

順位 曲名/アーティスト名 解説 動画
「ワン・ラブ」
(One Love)

ボブ・マーリー
(Bob Marley)

1977年

試聴(Amazon)→
レゲエの神様ボブ・マーリーの代表曲。 「ラブ&ピース(愛と平和)」を伝える究極のアンセムとして愛されている。世界中の人たちが酒場で合唱できる歌。日本でも有名。

1977年のアルバム『エクソダス』に収録された。 リリースから半世紀たっても、レゲエといえばまずこの曲が思い浮かべる人が多い。 まさにジャマイカが生んだ世界遺産。

収録アルバム「エクソダス」試聴(Amazon)→
歌詞付き動画→
「シーズ・ロイヤル」
(She's Royal)

トーラス・ライリー
(Tarrus Riley)

2006年

試聴(Amazon)→ アコースティック版の試聴(Amazon)→
抜群の美しさを持つ曲。 「彼女は僕の女王様」とやさしく語るラブソング。 女性を讃えるスピリットに満ち溢れている。 何度聴いても枯れることがない。

トーラス・ライリーは米ニューヨークに生まれ、ジャマイカで育った。 父親は有名なレゲエ歌手ジミー・ライリー。 本曲は2枚目のアルバム『Parables』からのシングルで、大ヒットを記録した。 2008年のレゲエ・アカデミー賞で最優秀楽曲賞など、様々な賞に輝いた。
PV
「華氏96度」
(96 Degrees in the Shade)

サード・ワールド
(Third World)

1980年

試聴(Amazon)→
ジャマイカを代表するレゲエのヒュージョン・バンド「サード・ワールド」の代表曲。 人権を抑圧されていたジャマイカの黒人たちが政府に反乱を起こした1865年の「ジャマイカ事件」をテーマにしている。 ルーツと向き合う歌詞と音が、哀愁あるメロディとともに心に響く。 ライブ映像
「スター・イット・アップ」
(Stir It Up)

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
(Bob Marley & the Wailers)

1973年

試聴(Amazon)→
ボブ・マーリーが1967年に作曲し、自らのグループ「ウェイラーズ」で演奏。発表した。 その後の1972年、アメリカのレゲエ歌手ジョニー・ナッシュがカバーし、米国などでヒットさせた。 これがマーリーにとって母国ジャマイカ以外での初めての成功となった。 翌年の1973年、ウェイラーズは新しいアルバム「キャッチ・ア・ファイア」にこの曲を再度収録。 アルバムはヒットし、マーリーは国際的なスターになった。 歌詞付き
ライブ映像
「ロックアウェイ」
(Rockaway)

べレス・ハモンド
(Beres Hammond)

2001年

試聴(Amazon)→
ジャマイカのレゲエ界の大御所ロックアウェイの代表曲の一つ。 レゲエのサブジャンルであるラバーズロックの名曲。 ソフトなサウンドで、パーティでのスローなダンスにぴったり。 素晴らしい音楽と愛に満ち溢れていたジャマイカの古き良き時代を懐かしむノスタルジーたっぷりの歌詞とメロディになっている。 PV
「レボリューション」
(Revolution)

デニス・ブラウン
(Dennis Brown)

1983年

試聴(Amazon)→
レゲエ界の王子と呼ばれ、 42歳で亡くなるまで、 数多くの偉大な名曲・名盤を遺したデニス・ブラウン。 その彼が、渾身の想いを込めて「愛に基づく革命」を呼びかけた曲。 歌詞付き

ライブ映像
「ハーダー・ゼイ・カム」
(The harder they come)

ジミー・クリフ
(Jimmy Cliff)

1972年

試聴(Amazon)→
ジャマイカ映画の歴史の中で最高の名作と言われる「ハーダー・ゼイ・カム」の主題歌。 映画の主演を務めた歌手ジミー・クリフが作詞・作曲し、自ら歌っている。 ローリングストーン誌が選ぶ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」で350位に選ばれた。 PV
「ワナ・ビー・ラブド」
(Wanna Be Loved)

ブジュ・バントン
(Buju Banton)

1995年

試聴(Amazon)→
1900年代から2010年代にかけて、 ジャマイカを代表するミュージシャンの一人として活躍してきたブジュ・バントンが、 愛する女性への気持ちを表現したストレートなラブソング。 ブジュのダミ声の歌唱が胸にしみる。

4枚目のアルバム「ティル・シャイロ('Til Shiloh)」に収録された。 このアルバムでブジュは世界的なブレイクを果たした。 よりシリアスで社会的なテーマを扱っている。

収録アルバム「ティル・シャイロ」のCD(Amazon)→
公式ビデオ
「ワン・ブラッド」
(One Blood)

ジュニア・リード
(Junior Reid)

1990年

試聴(Amazon)→
13歳の若さでデビューした天才シンガー、ジュニア・リードが22歳のときにリリースした。 「伝説の名曲」とも言われ、長いキャリアの中で代表作の一つとされている。

アメリカのヒップホップ歌手、The Gameがラップの曲としてカバー。2006年に「It's Okay(One Blood)」というタイトルで発売された。 欧米のチャートにランクインした。
歌詞付き

ライブ映像

ラップ・バージョン
10 「ゲス・フーズ・カミング・トゥ・ディナー」
(Guess Who's Comming To Dinner)

ブラック・ウフル
(Black Uhuru)

1979年

試聴(Amazon)→
1970年代末から1980年代中盤まで、秀作アルバムを次々と発表したレゲエグループ「ブラック・ウフル(Black Uhuru、ブラック・ユフル)」。 本曲は、そのリード・ボーカルだったマイケル・ローズ(Michael Rose)のソロ時代の曲だった。 それを、レゲエ界の伝説のプロデューサーコンビ「スライ&ロビー(Sly & Robbie)」を迎えて改めて制作。大きなヒットとなった。 後に数々の名作を生み出すことになるスライ&ロビーの初期の傑作の一つとしても有名。

ブラック・ウフルの最初の名盤とも言われる「Showcase」に収録された。 このアルバムは後に再リリースされたが、そのときはアルバム名が「Guess Who's Comming To Dinner」になった。
ライブ映像

ライブ(マイケル・ローズ)
11 「54-46 Was My Number)」
(54-46 ワズ・マイ・ナンバー)

トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ
(Toots & The Maytals)

1969年

試聴(Amazon)→
ジャマイカ以外の国で最初に大ヒットしたレゲエ曲。 レゲエというジャンルを定義づけた曲の一つとして位置づけられている。

曲名の「54-46」は、トゥーツが大麻所持で捕まり服役した際の囚人番号だという。独房の番号だという説もある。 看守がどんな風に服役囚に話しかけるのかを、ユーモアとリアリズムを交えて語る。

パワフルな名曲。破壊力抜群のリディム。 人々の心に火をつけ、踊らせる。

この曲には2種類ある。どちらもレスリー・コングの「ベヴァリーズ」からのリリースだ。 どちらかといえばレアな最初のバージョンは1968年にリリースされた。 曲名は「54-46 That's My Number」だった。

翌年の1969年に発売された2つ目のバージョンが世界中に広まった。 有名な「Stick it up Mr!」から始まるイントロが加えられている。
公式動画